白ワインや葡萄にはレスベラトロールは含まれていないの?

赤ワインポリフェノールとしてレスベラトロールは認知されていますが、白ワインにはレスベラトロールは含まれていないのかという質問も寄せられています。レスベラトロールは、ブドウを赤く見せる色素の中にも含まれています。色素が含まれる果実・種子・皮すべてを発酵させて赤ワインを醸造しますので、レスベラトロールが赤ワインにはたっぷり含まれているのです。

白ワインはあらかじめ皮や種子を取り去り、果肉だけを使って醸造をしています。ポリフェノールはわずかながら含まれていますが、レスベラトロールは赤ワインほど含まれていないことが分かっています。白ワインに含まれているポリフェノールは心臓病防止効果が期待できる「チロソール」と呼ばれるもので、レスベラトロール同様、白ワインにも健康増進効果があるということが実証されています。

余談になりますが、ロゼワインとレスベラトロールの関係も質問としてあげられます。ロゼワインは様々な製法があるといわれています。レスベラトールが一番含まれる製法は皮や種子も一緒に発酵させたのちに、ブドウの皮を取り除く方法です。白ワインと同様の製法で、赤ワイン用のブドウをすりつぶす際に皮の色を移す方法、すでにでき上がった赤ワインと白ワインを混ぜて作る方法になると、レスベラトロールの含有量は同量の赤ワインに比べると激減してしまいます。それでもレスベラトロールは全く含まれていないということはありませんので、赤ワインが苦手な方はロゼワインに挑戦することもいいですね。サプリメントも上手に活用すると白ワイン党の方も安心ですね。赤ワインと同じ葡萄から作られる葡萄ジュースにはレスベラトロールは含まれているのでしょうか?という質問を受けることもあります。葡萄ジュースはレスベラトロールが含まれた葡萄の色素も一緒に搾汁しているので、わずかながらレスベラトロールは含まれています。ただし、赤ワインのように発酵をさせ、水分を飛ばすことはありませんので、摂取量に対するレスベラトロールの量はほんのわずかとなるでしょう。

ワインが苦手という方や、アルコールが不得手という方は赤い色素を含んだ葡萄ジュースを常飲されるとよいでしょう。ただし、葡萄ジュースには加糖されているものや合成保存料・着色料・酸化防止剤がたっぷり含まれた商品もあります。レスベラトロール優先で赤い葡萄ジュースを飲んでいても、赤ワイン以上に量を摂る必要がありますし、糖分過剰摂取や、発がん性物質を自ら摂取していることとなりますので本末転倒です。葡萄ジュースを選ぶ際には、原材料表示などもしっかりチェックしましょう。

アルコールが苦手な方や、医師の指示によって葡萄ジュースも飲めないというかたは、レスベラトロールサプリメントをお勧めします。赤ワインから抽出した赤ワインエキスは、オリと呼ばれる沈殿物をろ過し濃縮したものを利用していますので、グラス1杯分のワインを飲む以上に濃度が高く、効率的にレスベラトロールが摂取できます。サプリメントは食品ですので医薬品と併用して飲むことができます。またカロリーも低いものがほとんどです。

昼と夜が逆転した生活は抜け毛を促進させる?

人間の体というのは、そもそも朝日とともに目覚めて、日が沈む休むというサイクルで動いています。
これは体内時計とも言われているもので、自然の法則にしたがって生活をすることが体に一番良いとされています。
もちろん、人それぞれにライフスタイルが違いますし、現代においては夜になったから家でゆっくり休むというのは難しいでしょう。
仕事をしていれば、夜中まで残業ということもありますし、職種によっては夜から朝まで勤務しなくてはいけない仕事もあります。
最近は不眠症の方も増えていますし、そうじゃなくても夜遊ぶ場所はいくらでもあるので、昼夜逆転の生活になってしまう方は少なくないようです。
ですが、抜け毛や薄毛で悩んでいる場合は、昼夜逆転の生活は出来るだけ改善するようにしなくてはいけません。

夜ふかしをしたり夜通し起きていたりすると、自律神経が狂ってしまいます。
本来なら、夜は副交感神経の働きが活性化して、体をゆっくりと休めてダメージを修復したり、疲労を回復させたり、体内機能の成長を促す時間帯になります。
ですが夜起きたままでいると、副交感神経は働かず、交感神経が優位のままになってしまいます。
交感神経が優位だと、体は興奮状態になったままでダメージや疲労は回復しませんし、成長機能も低下してしまいます。
さらにノルアドレナリンが分泌されて悪玉コレステロールが増加してしまい、これが頭皮に悪影響を及ぼして、ベタつきや乾燥を引き起こして環境を悪化させます。
そのため抜け毛がさらに促進されてしまうのですね。

また、夜の10時から翌日の2時にかけては成長ホルモンが分泌されますが、きちんと眠らないとこのホルモンは分泌されません。
成長ホルモンは抜け毛の改善や育毛に欠かせないもので、この分泌が低下すると、いくら薄毛治療をしていても効果を得られなくなってしまいます。
もちろん仕事の都合などもあると思いますが、抜け毛を防ぎたい、育毛を促進したいという方は、出来る限り早寝の習慣をつけましょう。
もし仕事などは関係なく夜ふかしをしてしまうのであれば、単に抜け毛を促進してしまうだけですから、夜はしっかり休むように生活習慣を改善してください。

摂取する人が増えているサプリメントに副作用はあるの?

サプリメントを使用する人が最近では多く増えていると言われていますが、現代社会において付き合いや接待などで食生活がかなり乱れてしまっている人はたくさん増えており、中には生活習慣病になってしまい重たい症状が発症してしまうケースもあります。

生活習慣病は現代の日本人にとって大きな悩みの種になっている病気ですが、この多くの原因が本来必要な栄養分を食事から摂れていないことによるため、サプリメントで足りていない栄養分を摂取する人がたくさんいます。
様々なサプリメントが薬局やドラッグストアで売られるようになっていますが、サプリメントを使用して生活習慣病が改善したと話しを聞くこともあれば、サプリメントを使用してもあまり効果が得られなかったという話しを聞くこともあるように、サプリメントによって当たりはずれがあるのが普通ですが、サプリメントは食事と一緒で体内に取り入れてから効果を得るものなので、副作用に対して心配に思う人も少なくないかもしれません。

サプリメントは安全性の高い健康食品という位置づけなので、副作用に対しての心配はそこまで無いのですが、サプリメントを使用して副作用の症状が起こったという話しを聞くこともあります。
軽度の症状が多いのですが、海外から輸入されるサプリメントも近年では増えており、すべてのサプリメントで副作用のリスクが無いかというと、無いとは言い切れない部分もあるので、サプリメントを選ぶ場合はメーカー選びも大事になります。

ビタミンB群と育毛の関係は?

薄毛や抜け毛、髪のボリュームダウンにお悩みの方は、育毛シャンプーや育毛剤、さらに頭皮マッサージなどの外側からのケアと同時に、身体の内側からのケアも心がけたいものです。
身体の内側からのケアとは、毎日摂る食事からの栄養素です。
髪に良いと言われている栄養素は、髪の毛を構成しているたんぱく質です。
さらにビタミンB群も健康な髪作り、育毛には欠かすことができない成分なのです。

ビタミンBといえば、疲労回復や、脂肪、たんぱく質の代謝などの役割があるビタミンとして有名ですよね。
健康な生活を送る上では欠かすことのできない成分ですが、健康な髪のためにも欠かすことのできない成分です。
たんぱく質の代謝や細胞分裂にも関わっている成分ですので、育毛効果も期待出来る成分なのです。
ビタミンB群とは、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB3、ビタミンB5、ビタミンB6、ビタミンB7、ビタミンB9、ビタミンB12の8種類を総称したものです。
それぞれに、別名があり、例えば葉酸はビタミンB9のことで、ビタミンB3はナイアシンのことです。
特にビタミンB7のビオチンは、髪のビタミンとも言われている、髪の成長に重要な関わりのある成分です。
脂肪酸やアミノ酸の生成を助ける働きがあるので、育毛効果が期待できます。
アミノ酸は髪の主要成分であるたんぱく質を構成している物質ですので、ビタミンB7を摂取することで、髪にしっかりと栄養分が届くのですね。
ビタミンB7が豊富な食品は、たまごやカリフラワー、バナナやくるみなどです。
また、ビタミンB2とビタミンB6も育毛にとって大切な働きを持っています。
細胞の成長を助ける作用があり、ビタミンB6にはアミノ酸の代謝作用があります。
これらの育毛効果が期待できるビタミンB群は、どれも大切なものですので、偏った摂り方をするよりも、バランス良く摂ることが大切です。
また、育毛促進と髪の健康を保つ効果があるビタミンB群は、同時に身体の健康維持にも重要なビタミンですので、積極的に毎日の食事やサプリメントで摂りたいですね。

ヒアルロン酸のスキンケア効果

今や、ほとんどの化粧品に配合されているといっても過言ではないヒアルロン酸は、水分を保持する保湿成分としてよく知られています。
ですが、実際にどのようなスキンケアの効果があるのか分からないため、本当に良いものなのか疑問を持っている方も多いでしょう。

ヒアルロン酸は、肌はもちろん眼球や関節部分など、水分が必要な部分には必ず存在している成分になります。
肌は表皮から角質層と基底層、真皮層の順番で構築されていますが、ヒアルロン酸は一番下にある真皮層にあります。
この成分は1gで6リットルもの水分を蓄える働きを持っているので、水分保持機能という役割をしています。

ヒアルロン酸が水分を蓄えることで、肌はうるおって瑞々しくなり、コラーゲンやエラスチンもしっかりと張り、肌の弾力を支えることが出来るのです。
これらの成分はもともと体内で生成されるのですが、加齢や栄養不足、ターンオーバーの低下などによって生成量が減少してしまいます。

すると、保水力が弱まってしまうため、肌の水分量が不足して萎んでしまい、しわやたるみなどの肌老化や乾燥肌になってバリア機能が低下し、肌トラブルが引き起こされてしまうのです。

つまり肌が普通の状態を保っていられるのは、ヒアルロン酸がきちんと保水している証拠になるのですね。脂性肌でも水分量が少ない場合にはヒアルロン酸などインナー層の保湿は大切です。ヒアルロン酸が配合された化粧品を使っていても、肌老化や肌トラブルが起こってしまう場合は、不足している可能性があります。
補給しているはずのに不足してしまうのは、配合されている成分の分子の大きさが関係しています。

この成分はもともと分子量が大きいので、そのままの大きさで配合されている化粧品だと、真皮層にまで浸透せずに表皮に留まってしまいます。
表皮でも水分を保持するのですが、残念ながらこれはいつか蒸発してしまうので、思うような効果を得られないことがあるのです。

ヒアルロン酸は水分を保持するためには欠かせない成分なので、スキンケアに良いのは当然です。
ですから、この成分の効果を得られるように、分子量が小さいもの、ナノ化されて配合されている化粧品でケアをしていきましょう。

肌のキメが乱れてしまう原因や整えるための方法

キメが整っているということは美しい肌の条件の一つであり、キメが乱れたり荒れている状態だと肌が汚いと言われる状態になってしまいます。
ですが、キメとは一体なんなのか分からないという方も多いでしょう。

肌をよく見ると網目のような細かい溝がありこれを皮溝といい、溝で囲まれた平らな部分が皮丘、そして溝の線上にある毛穴を毛孔といいます。
キメはこれらの総称で、皮溝と皮丘が綺麗に並んで、毛孔が目立たない状態をキメが整っているというのです。

そして、皮溝で作られる皮丘の三角が小さければ小さいほど、キメが細かくなめらかな素肌という状態になります。

キメは、ダメージを受けたり保水力が低下したり、美容成分が減少してしまったりすることですぐに乱れてしまいますが、これは皮丘が痩せて縮んだ状態になっていることです。

皮丘が水分をたっぷり含んでいれば、ハリや弾力があるので綺麗な三角形が並び、皮溝も細く引き締まるので毛孔も目立ちません。
この皮丘を構成しているのが角質です。
角質の水分保持能力が低下したり、保湿成分が減少したりすることで皮丘はハリをなくして萎んでしまい、皮溝が広がって延長線上にある毛孔も開いてしまいます。

つまり肌のキメを整えるには、角質層の水分保持機能や保湿機能をアップさせることがカギとなるのです。大人になると肌のキメが乱れやすくなりますが、同時にニキビも出来やすくなるので、肌のキメを整えながらニキビ予防していくと効果的です。保湿しながらニキビを予防するのが大切ですが、しっかりニキビを予防したい方は保湿プラス殺菌できる成分が配合された化粧品を使用しましょう。角質層は、角質細胞と角質細胞間脂質で構成されていますが、水分を保持して保湿をしているのが天然保湿因子とセラミドです。
この2つの成分が不足すると保湿機能が低下してキメが乱れてしまうので、化粧品で補給してあげましょう。

また、モイスチャーバランスを整えることも重要なので、化粧水や美容液で保湿成分を補うだけではなく、乳液で油分も補ってください。

そして、もう一つ必要となるのが角質ケアです。
肌のキメが乱れているとターンオーバーが低下するため、古い角質が溜まって角質層が硬くなってしまいます。
柔軟性がなくなると水分を貯め込む力が低下してしまうので、余計にキメが乱れるという悪循環が起こります。
ですので、月に1回から2回、肌の状態に合わせてケミカルピーリングやゴマージュで角質ケアをして肌の柔軟性を保つようにしましょう。

リフトアップする方法は?

肌のたるみというのは、ほうれい線やシワなどの症状が出てくるまで気がつかないことも多く、そのためケアが遅れてしまいがちです。
20代ならそこまでひどいたるみは起こりませんが、それでもクレンジングや紫外線のダメージが蓄積していますし、寝不足や不規則な食生活を送っていると老化も早まります。

そのため、ふと気づいたら肌がたるんで老けた印象になっている、ということがあるのですね。
もしたるんでいるか分からないという場合は、頬に指を添えてこめかみの方へ軽く引っ張り上げてみてください。
この時に、フェイスラインがぐっと変わったり、毛穴が目立たなくなるようでしたら肌がたるんでいるということなので、すぐにリフトアップを始めましょう。

そのための方法で代表的なものといえば、美顔器ではないでしょうか。
美顔器で超音波を流して細胞を活性化させると、確かに肌はきゅっと上がり、一時的にリフトアップすることが出来ます。
ただしこの効果は永久ではないので、時間がたつと肌は下がってきてしまうので、やっぱり肌を持ち上げるのに適した成分でスキンケアをする必要があります。
リフトアップするには、細胞を活性化させる成分を補給するのが一番効果的になります。
細胞を新しく生まれ変わらせるには、ターンオーバーを活発にしなくてはいけないので、まずはピーリングを行いましょう。ピーリングは肌に溜まった角質や余分な皮脂などを根こそぎ落として、肌の再生を促してくれます。
さらに、細胞分裂を促進させるプラセンタ、真皮層で肌を支えるコラーゲンを生成するビタミンC誘導体、角質層で保湿をするセラミドなどの美容成分を化粧品で補給してください。

ピーリングと栄養成分の補給を続けていれば、表皮は健康でハリのある肌細胞によってたるみがなくなります。

また、いくら皮膚を引っ張り上げてもたるみは解消出来ませんが、マッサージで血行を促進するのは効果的です。
血行が悪くなると、水分や老廃物がスムーズに排出されなくなりむくみが引き起こされます。
顔がむくむと重力によって下に引っ張られてしまうので、顔の血行が悪い方はマッサージを取り入れましょう。

ほうれい線をケアする化粧品&エクササイズ

ほうれい線は、ちょっと肌の状態が悪くなったから、寝不足だからということでできるものではありません。
確実な肌の老化の症状ですし、放っておいたらどんどん深いシワになってしまうので、気がついたらすぐにケアをする必要があります。

ほうれい線を引き起こす要因は、加齢はもちろん、肌の乾燥や紫外線のダメージなどが挙げられますが、根本的な原因となるのは肌のたるみです。

要は、肌にハリや弾力がなくなってしまって、それが口元の筋肉との段差となってしまっているので、コラーゲンやヒアルロン酸、エラスチンなど真皮層で肌の弾力を支える成分を増やさなくてはいけません。

コラーゲンなどの保湿成分は多くの化粧品に配合されていますが、こういった成分は外側から補給しても、ほとんど真皮層には到達しません。
角質層などで留まるので保湿効果を得ることはできますが、増加させることはできないのです。

真皮層の保湿成分を増やすには生成を促進するしかないので、まずはコラーゲンを生成するビタミンC誘導体が補給できる化粧品を使いましょう。
普通のビタミンCは浸透力が弱く、壊れやすいので効果が低いのですが、ビタミンC誘導体は浸透しやすく安定しているので、コラーゲンの生成を強力にサポートしてくれます。

ハリと弾力が出てくるので、ほうれい線が改善しやすい他にも肌のたるみ自体が解消され皮脂の分泌量も改善しやすい特徴があります。また開き毛穴や毛穴のたるみも引き締まりやすく、お顔の肌全体に効果が出やすいです。ビタミンC自体抗酸化作用があるので、老化防止に最適です。ビタミンC誘導体の化粧品を使用したことがない方は、ほうれい線ケアにまずは化粧水から初めて見ると良いかもしれません。

抗酸化力が期待できるビタミンEが豊富な植物性オイルはエイジングケアを含めたほうれい線のケアにも効果的です。その中でもオリーブオイルはオイル類の中でもランキングでも人気ですし、毛穴ケアにも良いので、良質なオリーブオイルを使用していくとよいでしょう。そして、もう一つ肌のハリを保つのに必要なのが、表情筋を鍛えるということです。
口元の筋肉をエクササイズで鍛えて強化すると、その周りの皮膚がしっかり引き締まるので、スキンケアに加えるとより効率よくほうれい線を解消できます。

いろいろな方法がある中で、一番手軽でどこでもできるのが、舌回しエクササイズです。
やり方はとても簡単で、口をギュッとすぼめたら、舌で頬をぐっと押してゆっくりと時計回りに回していきます。
特にほうれい線の部分は、より強く押し出すようにしましょう。

これを3回行ったら、次は反対回りで3回転させてください。
エクササイズには回数に制限はないので、気がついたらいつでもやるようにすると、ほうれい線の解消に高い効果を発揮してくれます。

肌に必要なの水分量と増やすのに欠かせない成分は?

肌がかさかさになったり突っ張ったりするのは、水分が20%以下になってしまっているからです。
健康でうるおった肌というのは、角質層に20%から30%の水分が含まれているので、乾燥してきたなと感じたらとにかく水分量を増やさなくてはいけません。

最近は保湿ケアの重要性が強調されているため、保湿に力を入れている方が多いようです。
しかし、水分量自体が不足しているのですから、しっかりと水分を補給した上で、守るための保湿もするというのが正しいスキンケア方法になります。

ただし、水分を補給すると言っても、肌が保持する機能が弱っているので化粧水をたくさんつけても意味がありません。
水分量を増やすには、保持して蓄える力を持つ成分を補給することが重要になります。
その成分とは、角質層で水分保持を行うセラミドです。

セラミドは角質細胞間脂質の一種ですが、約8割を占めている保湿成分なので、これを補給することが水分の補給にも繋がります。
最近は化粧水でも美容液でも、セラミドを配合した化粧品がいろいろ発売されているので、こういったアイテムを使うことが水分量を増やすスキンケアになります。そして、補給するのと同じぐらい大事になるのが、セラミドを守るということです。

洗顔料やクレンジングにはいろんな種類の界面活性剤が含まれていますが、合成されたものは洗浄力が強いため、皮脂膜や角質層の天然保湿因子、セラミドを洗い落としてしまいます。

こういった洗顔を続けている限り、どんなにスキンケアで補給しても、すぐに不足してしまいます。
ですので、洗顔料やクレンジングは天然の洗浄成分やアミノ酸が使われているものを選びましょう。

メイクも工夫して、必要のないときはウォータープルーフタイプは使わない、石鹸で落とせる日焼け止めやファンデーションを使うようにするといいですね。

また、洗いすぎたりこすりすぎて摩擦を与えると、セラミドはどんどん減少してしまうので、摩擦を起こさないようにすることも水分量のアップには欠かせません。

いずれにしてもセラミドが水分量を増やすポイントとなるので、しっかり補給して守るケアを実践しましょう。

ライスフォース深層保湿トライアルセットの特徴

ライスフォースはその名の通りお米からつくられた化粧品です。

酒造りの杜氏の手が白く美しいのは米麹のおかげだといわれていますが、ライスフォースはそのお米から抽出したライスパワーエキスをたっぷり配合しています。

ライスパワーエキスはヒアルロン酸やコラーゲンを上回る浸透力でお肌の中までうるおいを与えます。

それだけではなく肌が持っている力を取り戻させ、自らみずみずしさを保つ肌に導いてくれます。

そして肌がうるおい続けることによりトラブルに負けない強い肌に生まれ変わっていくのです。

トライアルセットは基本の3点セットに500円プラスするだけで美白美容液がついたスペシャルセットがお試しできます。

極潤美白セットは汚れをしっかり落とすメイクアップリムーバーと洗顔料がついて毛穴のトラブルでお悩みの方におすすめです。

うるおいは落とさず気になっていた毛穴の黒ずみを目立たなくしてくれます。シミやくすみでお悩みのかたには透明美白セットをおすすめします。洗顔後にディープクリアローションを使用することによって、古い角質を取りライスパワーエキスの浸透をぐっと高めてくれます。

ざらつきがなくなり透明感がでて肌がワントーン明るくなるはずです。

ライスフォースは多くの女性に支持され販売本数1000万本突破。海外セレブも愛用し国内外から高い評価を受けています。

今ならライスフォース深層保湿トライアルキットをお手軽価格でお試しできます。ぜひライスパワーエキスの保湿力を実感してください。